驚くほどに、全く別の演出になります。
駅前劇場では舞台美術と共に大いに遊び、この横浜版では映像が加わります。

タイミング命であるラジカセ3台との共演どころか、更にシビアな共演者です。
映像とのコラボは、初めての試みです。


そしてこの作品が生まれた明大前キッドアイラックアートホール・ギャラリーのように、

肌でも体感できそうな距離で楽しめる濃密な会場を選びました。
嘘のつけない、まさに、原点です。

海外で上演をしたり、日本中他の場所でも上演をしてみたい気持ちが強くなりました。
今回参加するTPAMという演劇のお祭りは、横浜を中心にこの期間、演劇やダンスなどの公演をたくさん見ることができます。
この機会に横浜での素敵な1日を過ごしていただけたら幸いです。

タイトルは『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』


新たな挑戦になるこの瞬間をぜひ一緒に体験してください。


小沢道成



2019.12.01
横浜版「Maybe a Crane ~鶴かもしれない~」上演決定
2019.12.01
下北沢・駅前劇場版サイトはこちら こちら





TPAMウェブサイト http://www.tpam.or.jp 公式ページ








小 沢 道 成


作・演出・美術  小沢道成

照明  南香織(LICHT-ER)

ヘアメイク  笹川ともか(プランギカシー)

照明操作  磯田浩一(やくぶつ)

音楽  岡田太郎(悪い芝居)

音響  堀江潤

宣伝美術  藤尾勘太郎

制作協力  サードステージ

映像  新保瑛加

衣裳  藤谷香子(FAIFAI)

宣伝写真  moco

企画・製作  EPOCH MAN



料金 [全席自由]

前売  ¥3000   当日  ¥3200


先行チケット予約 / 発売期間 2019年12月21日(土)10:00〜12月29日(日)23:59


EPOCH MAN ホームページ [当日精算・受付引換/特典:横浜版パンフレット付]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先行開始日にご予約フォームOPEN


一般前売チケット / 発売日 2020年1月9日(木)22:00






横浜・yoshidamachi Lily


〈住所〉
〒231-0041 神奈川県横浜市中区j吉田町4-9
Tel 045-315-7935

〈アクセス〉
JR「関内駅」北口改札より徒歩4分