EPOCH MAN:MESSAGE





                            












番外特別公演『夜明け』ご来場ありがとうございました   2017.1.18



EPOCH MAN 番外特別公演『夜明け』無事に全ステージを終えることができました。
ご来場まことにありがとうございました!
毎度毎度思うことなのですが、ひとり芝居というものは、いや、演劇というものは、
本当にひとりではつくれないものだなあと思う毎日でした。
今回はいつもよりもっと気軽にやってみよう!と始めたはずの企画だったのですが、
やはりものづくりを始めると火がついてしまい、いつの間にか今までのなかで一番ボリューミーなことをしていたように思います。
力をくれて共に演劇をつくってくれた仲間に感謝をします。
そして、この演劇を一緒に劇場で楽しんでくれた方に感謝を。
今回は来れなかったけど応援してくれた方にも感謝を。

また劇場でお会いできることを楽しみにしています。


小沢道成






番外特別公演『夜明け』チラシビジュアル&公演詳細   2016.11.1



11月になりました。あと2ヶ月後にはこの新しい演劇がお届けできます。
さて、チラシビジュアルも公開になりました。
郵送DMハガキをご希望の方は、epochman.info@gmail.com まで下記の情報をお送りください。

件名「DM希望」
お名前/ふりがな/郵便番号/住所

今回、ちょっと贅沢DMハガキになりました。
メールいただければ送ります。ぜひ。


そして、公演のスケジュールなど詳細も発表されました。
前売チケットは、今月11月27日(日)10:00に発売開始致します。
新しい年にふさわしい演劇をお贈りしたいと思います。
上演時間はおそらく60分〜70分を予定。

新春に贈る、絵本のようなひとり芝居。どんな演劇になるんでしょう。
今、凄く凄くわくわくしています。


小沢道成





速報   2016.10.10




いつもは僕が物語を書いて演出して出演をするのがEPOCH MANなのですが、
番外特別公演として、僕が好きな劇作家・山本タカさんに書いてもらうことにしました。
絵本のようなひとり芝居。をつくってみたいと思います。
いつもと違うEPOCH MAN、どうなるのか楽しみです。
よければ、僕が何を創るのか観に来てください。

スケジュールやチラシビジュアルは、近日中に公開いたします。
そちらも楽しみにしていてください。


小沢道成





『鶴かもしれない2016』ご来場ありがとうございました!   2016.1.25



EPOCH MAN 新春ひとり芝居『鶴かもしれない2016』
追加公演も含め全9ステージ、おかげさまで多くの方と劇場で楽しむことが出来ました。
心よりありがとうございました。

こんなことが出来たらいいなとか、これをやったら凄く驚くだろうなとか、本当に実現不可能な夢までも思い浮かべます。その時間が凄く好きです。
出来るかもしれない、というゼロじゃない可能性を想像する度にわくわくします。
もちろん、出来ないかもしれないというマイナスな考えも同居し始めるのだけど、それでも、出来るかもしれないという可能性を信じたいです。

僕が演劇を始めたきっかけも、好きになったきっかけも、「わくわく」を生で体験出来るからです。
誰もがわくわくしてしまう演劇をこれからも作り続けたいと思いますので、劇場でまた一緒に遊んでください。

本当にありがとうございました。
いつか『鶴かもしれないNY』を夢みて。


小沢道成





『鶴かもしれない2016』追加公演、決定!   2016.1.2


新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。劇場でまた一緒に楽しめるような舞台をつくります。
もっともっと笑顔になってほしいので僕も頑張ります。

おかげさまで、7ステージあるうちの4ステージが売切れになりました。
本当にありがとうございます。僕自身が一番驚いています。
残すは木曜日と金曜日の平日のみとなりました。
つきましては、

23日(土)16:00/24日(日)16:00の2ステージ

追加公演をさせていただきます。
土曜日や日曜日にしか観にこれないお客さまや、何度でも観てほしい想いから追加を決定いたしました。
何度でも何度でも観て楽しめるものになりそうです。
上演時間は50分、16:00公演なので他のお芝居にも間に合うような時間設定です。

追加公演のチケット発売を、明日1月3日(日)12:00からご予約開始致します。
3週間後の公演ですが、この EPOCH MAN『鶴かもしれない2016』を、ぜひ。


小沢道成










『みんなの宅配便』DVD・台本、発売開始!   2015.12.12


本日12月12日(土)、『みんなの宅配便』DVDと台本の発売を開始致します。
11月には発売する発売すると言っていたのに、遅くなってごめんなさい。
面白いものが出来上がりました。
DVDは2枚組の特典映像2つ付き(この特典がまた面白いんだな)。
台本は、超いいと思います(笑)。まず、いい紙つかいました。ははは。
演劇は生が一番面白いけど、そうじゃない楽しみ方にこだわってみました。
楽しんでくれるといいな。えい!


小沢道成





最新公演『鶴かもしれない2016』と『みんなの宅配便』DVD・台本、発売決定!   2015.10.15


速報です。2016年1月に『鶴かもしれない』の再演が決定しました!
僕が2014年にギャラリー公演として上演したひとり芝居を、下北沢OFF・OFFシアター版として新しくつくります。
チラシビジュアルもどどーんと公開されました。
音楽を悪い芝居の岡田太郎さんに、衣裳もFAIFAIの藤谷香子さんに作ってもらいます。
そして、おなじみ強力スタッフメンバーと一緒に新しくつくる『鶴かもしれない2016』、楽しみにしていてください。

2016年1月・新春に上演です。


そしてそして、2015年・初夏に上演した『みんなの宅配便』のDVDと台本の発売が決定しました!
しかも小角まや×小沢道成バージョン・川本ナオト×小沢道成バージョン、2つのバージョンを組み合わせての豪華2枚組として発売致します。
特典映像も面白いことになっています。
11月中旬発売開始予定ですが、本日よりご予約を受けつけています。
DVDは、ギャラリー公演ならではの臨場感溢れる映像に仕上がりました。
台本は、販売するかどうか迷ったのですが、いろんな人に上演してほしい願いも込めて、販売を決定しました。楽譜も載っています。
ぜひ、言葉で見る「みんなの宅配便」も体験してみてください。


さあさあ、2016年に向けて動き始めました。
楽しい演劇、つくります。


小沢道成





『みんなの宅配便』終幕!   2015.7.17


EPOCH MAN:Gallery『みんなの宅配便』全21ステージが終わりました。
本当にたくさんの方に観ていただけたこと、そして実に多くの方に笑顔で帰っていただけたこと、それが僕の最高の幸せです。
ありがとうございました。最大の感謝を。
ギャラリー公演という小さな場所ですが、あそこでしか生みだせない、あそこだからこそ生まれたものが確実にあるので、またやりたいと思います。
しかし、次はどこかの劇場で会うことが出来たらいいなあーなんて企んでいます。

僕がやりたいことももちろんですが、より多くの人と一緒に楽しめるような、笑顔になれるような演劇を、
これからもつくっていきますので、楽しみにしていてください!


小沢道成





チラシビジュアル公開   2015.4.4


最新公演『みんなの宅配便』のチラシビジュアルが出来上がりました。
犬と串の俳優さんでもある藤尾姦太郎氏による宣伝美術です。
僕が宅配便のお兄さんになっているものと、僕が女装をしているもの、両A面的なチラシです。

配布する場所は、僕が出演する公演、関係者が出演する公演が主になります。
ぜひ見かけたら手にとってみてください。

クリックすると拡大します。えい。

みんなの宅配便1_SS.pngみんなの宅配便2_SS.png


小沢道成





最新公演『みんなの宅配便』   2015.3.18


最新公演!って書くと、ウキウキしてきますね。
今、僕はMUの最新公演!『少年は銃を抱く』の稽古をしています。
そして5月には月刊「根本宗子」の最新公演!『もっと超越した所へ。』に。
さらに8月には虚構の劇団の最新新作公演!があります。
その5月と8月の間にぶち込む最新公演がこのEPOCHMAN:Gallery『みんなの宅配便』。
いいですね。最新って書くと観てみようかなって気持ちになりますよね。
どうか騙されて全部来てください。

EPOCH MANとしての公演は去年5月の『鶴かもしれない』ぶりなんですね。
その間に一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』を上演したりしていたのですが、僕が作・演出に挑むものとしては1年ぶりです。

東京に一人暮らしをする女性と、そこに訪れる宅配便のお兄さんとの2人芝居。
アマヤドリの小角まやさんが桐子(きりこ)という女性を、僕が宅配便のお兄さんを演じます。
そして、もうひとつ。
宅配便のお兄さんを川本ナオトさんが、僕が桐子を演じます。
この実に奇妙で、明らかに違うものが生まれそうな2つの演劇に挑もうと思います。


チラシビジュアルもまもなく公開できる予定です。
チケット発売日は5月10日(日)10:00。
続々と情報をお知らせしていきますので、楽しみにしていてください。
僕も今からワクワクと興奮しています。


小沢道成












過去公演の写真を載せちゃいました。   2014.9.22


ずっとずっと記録で撮っていた写真を公開したかったのですが、嬉しすぎる量の枚数と格闘をしていました。
やっとです。
演劇は生だといえど、やはり何かの形で残すことは大切なことかもしれませんね。
つい最近の出来事なのに、この写真を見るともう忘れていることや、知らなかったことに気付きました。
これは全部、過去の写真です。
だけど不思議と今に蘇ってきます。
残念ながら『ハッピーエンドにつづく、右脳と左脳』の記録写真は撮っていません。
僕の脳みそと心には残っているのですが、このお芝居たちを観ていない方には、どんな雰囲気の芝居をやったのかすらも伝えることが出来ないのです。
そんなのあまりにも悔しいじゃないか!そんなの嫌だ!少しでも知ってほしいじゃないか!

てことでー!
せめて、2つの公演で記録した写真をここに載せます。


今年の2月に上演した『耕太、宙に浮きながら』より、西川×小沢ver.の記録写真を。
本当は渡辺×菊妻ver.の写真も載せたいのですが、ひとverしか記録としておさめていなかった僕を憎んでください。

そしてさらにもうひとつ。
今年の5月に上演した『鶴かもしれない』では、僕ひとりしか登場しないので、僕ひとりしか写っていません。
13着の着物をかわるがわる衣装として小道具として使ったのですが、きっと生を観ていただいた方にしか分かりません。
いつか再演をやる時には、数えに来てください。


なんとか枚数を厳選しなくちゃいけない状況で、見事に落選した写真を見せられないのがあまりにも悔しいのでもう載せます。

IMG_1497 のコピー.JPG

「足がツルかもしれない」というジョークを言った瞬間です。


PLAY LIST 各それぞれのページより見れるようにしております。
僕が大好きな写真家・mocoに撮ってもらいました。
じっくり見てってください。


いつか、再演。できるといいですね。


小沢道成





EPOCHMAN製作公演
一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』全公演終了致しました。   2014.9.11


2月『耕太、宙に浮きながら』
5月『鶴かもしれない』
僕自身が驚いてしまうぐらいのスピードで、EPOCH MANの公演を今年は2本もやりました。
そして、今年3本目と言ってもいいEPOCH MAN製作の新企画・一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』。

いつもは僕ひとりで企画をし、立ち上げ、愛するスタッフ陣と共に演劇をつくっているのですが、
この『一色洋平×小沢道成』というのは、2人の企画です。
2人で始まり、2人でいろんな才能溢れる人達を呼んで、集まったみんなで演劇をつくろうぜというものです。

『谺は決して吼えない』はおかげさまで多くのお客様に観ていただけました。
またこの2人から始まる演劇を届けられたらと企んでおりますので、ぜひ楽しみにしていてください。

一色洋平×小沢道成 のサイトはこちらです↓



もちろん、僕が作・演出をするEPOCH MAN公演も企んではいます。
それもまたご報告できたら。

ひとまずは、この新企画を応援してくださった皆様に感謝を込めて。
ありがとうございました!


小沢道成





一色洋平 × 小沢道成 による2人芝居、上演決定   2014.6.25


ずっと実現させたかったことが、9月に上演決定しました。
EPOCH MAN製作で贈る一色洋平×小沢道成 企画。

脚本に須貝英さん(monophonic orchestra)、音楽にオレノグラフィティさん(劇団鹿殺し)
を迎えてお送りする、一色洋平と小沢道成による2人芝居です。
そして、王子小劇場の新しくスタートする新企画の第一弾として上演することが決定致しました。
そちらの詳細はまた追ってお知らせ致します。

情報を次々にアップしていこうと思いますので、どうぞ楽しみにしていてください。
ひとまず、ご報告でした!


小沢道成





『鶴かもしれない』ご来場ありがとうございました。   2014.5.27


EPOCH MAN:Gallery『鶴かもしれない』追加公演も含めの全9ステージ、終えました。
ご来場いただいたお客さま、応援してくれていた方、ありがとうございました。
僕の想像を遥かに越え、たくさんの方に観てもらえた公演になりました。感謝を。


この物語をやりたいなーと思ったのは、
高畑勲監督の『かぐや姫の物語』を映画館で観ている時に凄く感動をして、姫の着物が剥がれていくあの名シーンを号泣で観ながら
「ああ、僕は鶴になりたい」と思ったのがきっかけでした。
という実に単純すぎる始まりだったわけですが、それをさらに深めてくれたのが、
この明大前KID AILACK ART HALLの5階にあるギャラリーとの出会いでした。
もともと、鶴のあの話をやるなら一人が面白そうと思っていたことと、ここのギャラリーの持つ小さな空間ながらも独特の雰囲気に惚れてしまい、
構想だけが膨らんでいきました。

なんであの話が、ああなったりこうなったりしたのかという質問が凄く多かったのですが、
それは、僕が鶴のあの話を読んだ時にそう感じたからという、何の深みもないそれだけのことです。
それでも書くにあたって勉強をしているうちに、民話の持つ面白さと現代にも感じる情への興味が深まっていきました。
私の春を売ってでも、彼女は生きようとしたことには間違いないのだと気付いた時、
すぐに死にたいとか死のうとかよぎってしまう僕たちよりも、遥かに強く生きようという力を感じてしまったのです。
尊敬をしながらも、いや駄目だろうと思う気持ちと、ごちゃごちゃになりながらも彼女をとても愛おしく思うようになりました。
僕自身がこれに出会えてよかったという感想です。


まだ挑戦したいことは実は頭のなかにあって、それをいつか実現できるように頑張りたいと思います。
数々の感想や言葉をネットで見させてもらっています。
それが届くたびに元気や次への活力に繋がっているので、どんどん言葉にしてください(笑)

EPOCH MANの次回公演はまだ決まっていませんが、企画・製作という形で関わるものが9月にあります。
DMなども送る予定ですので、欲しい方は住所とお名前のメールをください。

それでは、また会いましょう!
『鶴かもしれない』本当にありがとうございました!


小沢道成





当日券情報   2014.5.20


EPOCH MAN『鶴かもしれない』当日券情報をお知らせします。

完売していた公演日程も含めて、若干枚数ですが当日券を販売します。
各開演の30分前より受付にて販売。

5月
22日(木)19:30
23日(金)19:30
24日(土)13:00/18:00
25日(日)13:00/18:00
26日(月)13:00/16:00/19:30


会場・受付開始は開演の20分前。
開演してしまうと演出の都合上、入場が出来なくなります。
お早めにお越しくださいませ。


小沢道成



追加公演決定『鶴かもしれない』  2014.4.30


おかげさまで、ご予約がいっぱいになってきました。
僕自身が驚いているのですが、本当に嬉しい限りです。
本番に向けての励みにもなります。

5月26日(月)13:00、16:00の2公演を追加致します。

平日のお昼と夕方という時間ですが、もし観てやるぞーという方いましたら、
ぜひ明大前まで遊びに来てください。

なお、追加チケット発売開始は明日5月1日(木)20:00〜とします。
発売開始と同時にチケットフォームにも表示されます。

お待ちしています。


小沢道成





ひとり芝居『鶴かもしれない』  2014.4.1


EPOCH MAN「耕太、宙に浮きながら」が終わってまだ2ヶ月も経っていないのに、
つぎの上演が決まりました。

第三弾は、まさかのひとり芝居。

会場は明大前KID AILACK ART HALLの5階にあるギャラリー。
前回公演は1階の劇場で上演しました。
あの高い天井の個性的な空間に一目惚れをし、実はそれと同じ時に、この場所でも
いつか演劇をつくりたいと願っていたのです。

公演期間は、5月22日(木)〜26日(月)までの5日間。
7ステージを予定しています。

嘘もつけないような限られた空間、演劇の面白さをさらに追求したいと思います。

ぜひ観にきてください。


小沢道成





ありがとうございました!  2014.2.13


EPOCH MAN『耕太、宙に浮きながら』
全公演、終了しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!


はじめは9Stageを予定していたのですが、
最終的には11Stageも上演ができ、お一人でも多くの方に観てもらえる機会が増えたことに感謝をしています。


今、僕はアンケートを読んでいました。
この芝居を観終わっての感想・想いをひとつひとつ読んでいると、それぞれの人生に触れているような気がします。
大切な言葉を、大切な想いをありがとう。

俳優が変わるだけで、こんなにも作品が変貌することも知ることが出来たので、僕自身も勉強になったとても満足な公演になりました。
凄いことですよね。
その俳優の辿ってきた人生、抱えている想い、それらの違いが舞台上に乗った瞬間に一気に溢れでてくる。
生で目撃しているうちに、やはり演劇は面白いものだと、さらに好きになりました。


次回のことはなかなか決められないのですが、必ずやります。
興味のあることがまだまだあるので、続けます。
また決まり次第お知らせをしたいと思います。

では、またお会いしましょう!


小沢道成





追加公演と初日限定アフターイベント  2014.1.15


ありがたいことに追加公演が出来ることになりました。
2月9日(日) 19:30、最高の日曜日にしようと思います。
エポックマンを初めましてな方も、二度観たい方も、ぜひ明大前まで遊びに来てください。
そしてどうぞ、広めてやってください。
俳優同士が生みだす面白い舞台をお贈りします。


そしてだ。
初日限定でしか実現が出来ないアフターイベントをやります。
アマヤドリという団体で共演をし、現在DULL-COLORED POP『アクアリウム』にも出演中の俳優・一色洋平。
彼と僕とで約10分間の2人芝居をします。
脚本は一色洋平。
この『耕太、宙に浮きながら』の本編とは全く関係のない話ですが、
興味のある方はぜひいらしてください。
多分、舞台上で暴れまくります。
こちらの日程は、2月7日(金) 19:30開演の本編終了後に上演します。

引き続き、稽古に励みます。


小沢道成





あけましておめでとうございます。  2014.1.1


ついに2014年になりました。
新しい始まりというのは、いいものですね。
このエポックマンから、また一年を始めれることに喜びを感じています。

実は本番まで約1ヶ月。
こつこつと、面白いものを目指して進んでいこうと思います。
2月に向けて。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。


小沢道成












本格的に動きだします、2月へ  2013.12.19


今年もあと2週間ほどで終わろうとしているようです。
なんとかチケット発売日である12月21日までには、DMを郵
送し、チラシも完成させ、ホームページも更新、台本まで出来ていたら楽しいクリスマスだな、なんて思っていたら、本当にちゃんと間に合いました。
これでちゃんと24日からの楽しい稽古に行けそうです。


この『耕太、宙に浮きながら』は、構想は2年ぐらい前から実はあって、こういう話があったら面白いよねレベルでパソコンの中にしまっておいたのです。
前回公演が女性だらけの公演だったから、という単純な理由で男2人芝居であるこのお芝居をやろうと、4ヶ月前に決めました。
もともとは『おしまいの冒険』という仮タイトルをつけていたのですが、今年の初夏に「キフシャム国の冒険」という鴻上さんの芝居に出演し、さすがに変えた方がいいんじゃないかと思い、このタイトルにしました。

冒険はしません。
人形も出てこないし、上半身裸になることもないし、何かが降ってくることも、おそらくないでしょう。(1月8日にDVD発売決定)

ただ、宙には浮いています。


2つの2人芝居(ダブルキャスト)をするのですが、俳優が変わるとここまで芝居の印象が変わるのか、という演劇の面白さを目指して、稽古に挑みたいと思います。
全く違う演出になるかもしれないし、どうなるのか全く想像もつきませんが、どうぞ、来年の2月を楽しみにしていてください。


小沢道成





2つの2人芝居  2013.11.16


冬になりましたね。
今は、台本をより良くするための作業をこつこつとしています。


2月の『耕太、宙に浮きながら』に集まってくれる方々が決まってきました。

2人芝居を、ダブルキャストでの上演。

ひとつは僕も出演をします。その相手を西川康太郎さん。
実はずっと共演したかった俳優さんで、初共演にしてまさかの2人。今から興奮。

もうひとつは、僕が演出のみに挑みます。
その2人芝居をつくってくれる俳優さんが、虚構の劇団で旗揚げの時からずっと一緒に芝居をつくっている渡辺芳博と、そして、アマヤドリという劇団で共演し、僕が一瞬で惚れた菊妻亮太さん。

2つの2人芝居。

俳優が違うだけで、こんなに印象が変わるものなのか!と驚いてくれると思います。
僕は、その演劇の可能性に、ひとつの物語を2つの芝居にしようと思ったのです。

どちらを観にきても、面白い70分をお届けします。
楽しみにしていてください。


小沢道成





『耕太、宙に浮きながら』  2013.10.5


お久しぶりです、9ヶ月ぶりでございます。
虚構の劇団「エゴ・サーチ」の初日が開けました。
EPOCH MANの第二弾、やっと実現のタイミングが訪れました。
なにせ、僕が好きな時に好きな人達と好きな劇場でやるのがこの企画なもので、その全ての好きがマッチするまで、時間がかかりました。

前回は短編2つを合わせた、僕以外が全員女性の芝居だったわけですが、つぎに挑戦するのは、男の2人芝居、一本勝負です。
タイトルは『耕太、宙に浮きながら』

会場は、京王線・明大前駅から徒歩1分ぐらいにあるKID AILACK ART HALLという、これまた僕が惚れた劇場で上演します。


ただの2人芝居では終わらせません。

いろいろと準備が整い次第、お知らせしますので、どうぞ、待っていてください。


小沢道成





終わりました、そして。  2013.1.21


:short『ハッピーエンドにつづく、右脳と左脳』
全公演、無事に終了しました。
無事にどころか、追加公演もすることができ、
毎日たくさんの笑い声と拍手に包まれて、とても幸せな公演になりました。


この公演で、分かったこと。
僕だけじゃなく、多くの人が演劇を好きだということ。

これから僕は、続けていこうとしているわけですが、
作・演出というよりも、ひとりの人間として楽しめる演劇をつくっていきたいと思います。

またどこかの劇場で会えることを夢みて。
それでは、また!


小沢道成





追加公演、決定!  2013.1.4


ああああぁぁぁああ!
おかげさまで完売のステージが増えてきました。
ありがとうございます。
そしてなんと、追加公演が決まりました。

《1月19日(土) 16:30開演》

もともと5ステージだし、会場もそこまで広くはないといえど、1ステージでも多く芝居ができるってことは
本当に嬉しいことなんです。

おいおい、もう違う日に予約しちゃったよ。って方も、この際、私の友達も誘ってやるか♡という優しい方も、
大歓迎でございます。
何度でも観たくなるような作品づくりに励んでいます。
なにせ70分です。
16:30からなので終わってもタイムセールに間に合います。

幕があくまで、あと2週間。
面白かったらもちろんツイートしてほしいのですが、
面白そう♡だの、楽しみ♡だの、行く♡だの、悪いことでなければツイートして広めてください。

さあ、2013年を骨まで楽しみまくります。
劇場で一緒に笑いましょう。

新年早々、嬉しい報告でした。


小沢道成





新年、あけましておめでとうございます。  2013.1.1 


2013年になりました。
ああ、ついについに始まるのです。
ゆく年くる年を見ながら、小道具つくったり、音楽をつくったりと舞台の準備をしています。
今までにない年越しを経験中です。経験なう。
新しいことに挑戦するというのは、まだ見ぬ未来をつくること。
こうやって幸福な新年を迎えることができて嬉しいです。
楽しみにしていてください。
僕も楽しみです。
今年も、いや、今年からもどうぞよろしくお願いします。


小沢道成





エポックマン、はじめます  2012.10.30


さて、劇団も絶賛公演中(虚構の劇団「イントレランスの祭」)なそんな最中、この度新しく企画を起こすことになりました。

今回のお芝居は実は、劇団の自主企画公演内で
「THE MATTER」という2人芝居と
「THE PERFECT~私主義な愛の話~」という4人芝居を
各30分の短編として上演しました。
それを今回、キャラクターや物語の内容を新しく書き直し、僕の好きな役者さんを呼び、完全版としてお送りします。
ショーのような楽しめる舞台を創るんだ!と意気込んで発表した作品がこの2つでした。
それぞれが抱えるコンプレックス・トラウマ、いじめ問題に焦点をあてて、個人的な問題が大きな事件へと発展する、
またはその予兆の様を2つの芝居で描きました。
大丈夫です、結構明るい舞台です。

そして、僕の好きな劇場。
「八幡山ワーサルシアター」知っていますか?
京王線の八幡山駅から徒歩30秒ぐらい(マジで)の劇場です。
新宿からは少し遠いですが、あの空間が好きで、いつかやりたかった劇場のひとつなんです。
(近くの唐揚げ屋とパスタ屋が美味しい。)

新しい一歩が始まりました。
2013年1月、劇場でお待ちしています。


小沢 道成